腸もみ~便秘・肌荒れ



 

腸内の悪循環が悪いと毒素、老廃物がたまり
体に多くの悪影響を与えてしまい、
便秘はもちろん、肌荒れ、冷え、生理不順、むくみ、肩こり、腰痛
などの症状を引き起こします。
毎日の排便があっても、腸内が綺麗とは限りません。
隠れ便秘や、慢性下痢、お腹の張り等があれば、
腸内が汚れている可能性があります。
その汚れは血液までに及び、先ほど述べた
様々な不快症状を招きますので、
「ただ出すだけ」ではなく、
しっかりと腸内環境を整えることが大切です。

腸もみはその原因となる毒素を体外に排出する
はたらきを促進させるマッサージです。


まず、冷え性を引き起こす原因の一つとして、
「血行の悪さ」が挙げられます。
腸が弱ると食べた物の栄養素と一緒に腸内の汚れも一緒に
汚れまで血液中に取り込まれてしまい血行が悪くなります。

血行が悪いとせっかく作った熱を効率よく末端へ送ることが
出来なくなり、末端や下半身が冷えます。
また、腸の働きが弱い人は中心型や全身型、
筋肉量が少なくても全身型の冷え性に繋がります。

冷えのところでも書きましたが、
腸が弱り栄養の吸収が悪くなったり、
筋肉量が減少することで発熱する力が弱ると
低体温に陥りやすくなります。
また、腸が弱まると体温をコントロールする
セロトニンも減るので、そこから低体温になる人や、
下剤で腸を弱らせて低体温になる人も増えています。
もちろん、冷えや低体温の時は身体を
しっかり温めることも良いですが、
根本から改善するには発熱する力を
つけることが重要となってきます。


浮腫みはリンパの滞りにより起こる、
とも言われていますが、
リンパ液の元は血液なので、冷えと同様に
血液が汚れるとリンパも滞りやすくなり、
浮腫みに繋がってきます。

そして、血液の汚れは重力の関係で下半身に
溜まりやすいので、腸が弱ってくると
下半身に浮腫みが出てくるのです。
また腸が弱ると、どれだけ食べ物に気を付けても、
腸内壁の汚れも吸収して血液を汚し、
肌荒れや老化を招きます。
腸内環境を整えることで、肌荒れなどの症状が
消えたり軽減することに繋がります。

便秘になると、肌の調子が悪くなり、
ニキビが増えると感じている方も多いですが、
それは、「肌は内臓の鏡」と言われるほど
臓器の弱りに連動しているためです。
また、便秘や下痢ではない人でも、

腸へ負担のかかる食事が続いたり、
アルコールで腸が弱っていると、
肌荒れや・ニキビを引き起こします。
他にも月経リズムでニキビが出来やすいのも
女性ホルモンと連動している腸の働きが
乱れているためです。

他にも、便秘の人は血液の汚れによる血行の悪さ、
下痢の人は水分吸収効率の悪さから、
末端の肌への水分を安定的に供給することが難しくなり、
乾燥肌や脂性肌の原因にもなります。

しかし、うるおいは肌を守るという働きがあるので、
少ない水分しか供給されないと、汗の代わりに
乾燥しにくい脂を出して肌を守ろうとするのです。
また年齢とともに保湿力も低下してしまうので、
乾燥や小じわが気になりだしたり、
腸の水代謝を上げていくことも効果的です。

当院では腸もみにいち早く注目し、その効果と施術に取り組んでまいりました。
既に多くの患者様に効果を実感いただき満足してもらっています。

まだ試されたことのない方は是非、当院にてお試しください。